女性と症状について

女性の肩こり

女性の肩こり

肩こりの多くは、筋肉が緊張して固くなることで血流が悪くなり起こります。原因としては骨盤や背骨のゆがみが多いのですが、冷えからくる血行不良も考えられます。女性は首が細く、筋肉量が少なく、胸の重さもあるので肩に負担がかかりやすく男性より肩こりの悩みを抱える方が多いのです。

女性の頭痛

女性の頭痛

偏頭痛は女性に多いと言われています。女性ホルモンは月経周期で大きく変動していますが、その女性ホルモンの影響で脳の血管が拡張され偏頭痛が起こると言われています。妊娠後は女性ホルモンの分泌量が高めで安定するため一時的に緩和されることがありますが、出産後は元に戻るため再び偏頭痛が起こりやすい状態になります。育児ストレス、睡眠不足、環境の変化によるストレスなどで頭痛を誘発されやすいのも特徴です。

女性の腰痛

女性の腰痛

女性は筋肉量が少ないので背骨を支える力が弱く腰痛になりやすい傾向にあります。デスクワークなどで同じ姿勢をしていたり、ヒールの高い靴を履いたりすることで腰に負担がかかり腰痛を引き起こします。また、妊娠出産などで骨盤に負担がかかったり歪んだりすることでも起こったり、女性ホルモンのバランスの影響からくる場合もあり原因は様々です。月経時に伴う酷い腰痛の場合は子宮の病気などの可能性もありますので、一度産婦人科の受診をお勧めしています。

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

出産をスムーズにするために、女性ならではのしくみが備わっています。妊娠するとリラキシンというホルモンが出て、骨盤回りや全身の関節靭帯がやわらかく緩み、骨盤を広げて赤ちゃんが出やすい状態をつくります。妊娠中はお腹が前に大きく突き出すので骨盤が前傾し反り腰になり、バランスを取るために重心が後ろに傾き、首が前に出た状態になります。何か月もその状態にあることに体が慣れてしまい、産後もその癖が残ってしまいます。また、赤ちゃんを抱っこしたり母乳を上げたりするので猫背にもなりがちです。歪んだままにしておくと、見た目だけでなく後々になって腰痛、肩こり、股関節痛、ひざ痛などの症状が出てくる可能性があります。骨盤が固まる産後6ヶ月くらいの間に骨盤の調整をお勧めしますが、それを過ぎても可能です。ココロモの施術は、自律神経の調整もいたしますので、妊娠、出産、育児でバランスを崩しやすい時期のママにも優しい整体院です。エクササイズなどもご指導いたします。詳しくはご相談ください。自然分娩の場合は後1ヶ月検診が終わってから、帝王切開の場合は2か月後から受けることができます。

O脚X脚矯正

O脚X脚矯正

日本人の8割はO脚と言われています。
両足を付けた状態で立ち、左右の膝が離れている状態がO脚です。X脚は膝がくっついて左右の内くるぶしが離れた状態を言います。
姿勢や生活習慣などの積み重ねが原因となっていることが多いと考えられます。見ための美しさという面だけでなく、放っておくと膝に負担がかかり痛みなどが出たり、膝の骨が変形する可能性があります。