症例ブログ

疲れがとれない、息苦しい!

50代女性Tさんの改善例

症状:疲れ、呼吸がしにく、息苦しい

お仕事がとても忙しく、休みがほとんどないTさん。
一見とてもはつらつとしている感じですが、顔に疲れが出てしまっているほど疲労されています。

骨盤の歪みは少しある程度ですが、全身が硬く、力が入ってしまっています。
責任感が強くとても頑張っていらっしゃるので、神経が張り詰めてしまっているようですね。

ココロ*モでは、骨格調整もしますが、自律神経の調整、神経を緩める調整などもします。
骨格を整えた後、自律神経を整え、リラックスの神経(副交感神経)を強めていきます。
普段、興奮する神経(交感神経)のスイッチが入ったままの状態になっているTさんは、施術中に寝られます。(普段は昼寝もしないそうです)それほど神経が張り詰めてしまっていたのですね。施術後はとても楽になり、呼吸がとてもしやすくなってお帰りになります。

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスがとれていることが良い状態です。交感神経が働きすぎると病気になります。

Tさんは、少し休む必要があります。このまま何もしないと恐らく病気になってしまうでしょう。

ただ、どうしても仕事は休めないと仰るので、できる限りココロ*モへ来て神経を強制的に休めるようにお伝えしました。
本来は、ご自分でリラックスしていただくのが一番なのですが、ご自分でできない場合はできる限りのサポートはさせていただきます。定期的に身体をメンテナンスすることで、それ以上の悪化を逃れることができます。

ココロ*モではその方の日常生活、ご希望に合わせて適切な施術、アドバイス等をさせていただいております。Tさんのように駆け込み寺的にご利用いただくことも可能です。

症例ブログのカテゴリー