自律神経の基礎知識

自律神経とは

「心臓を動かす」「血管を広げたり縮めたりする」「目の焦点を合わせる」など自分の意思ではコントロールできない動きを司る神経のことを言います。24時間、休むことなく働き続けてくれているのです。

その自律神経には2つの種類があります。
一つは「交感神経」。昼間に活動する神経で、身体をアクティブにさせる機能があります。
仕事をしたり家事をしたり、脳を働かせたりできるのはこの交感神経が働いてくれているからです。車に例えると、アクセルのような働きをします。
もう一つは「副交感神経」。睡眠中などに働く神経で、身体や脳をリラックスさせ回復させる機能があります。排便を促したり、内蔵を動かしたりするのもこの副交感神経の働きなのです。車に例えるとブレーキのような働きをします。

この2つの神経は、どちらか一方しか機能することができません。交感神経が機能している時には副交感神経はお休みして、逆も同様です。この2つの神経が交互に機能することで私たちの健康を保っていてくれているのです。

自律神経はなぜ乱れるの?

自律神経IMAGE

大きく関連するのは「ストレス」です。「なぁ~んだ、そんなことはわかってるよ・・・」と思う人もいるでしょう。多くの人は「ストレス=精神的ストレス」と思っています。実はストレスは精神的ストレスだけではありません。4つのストレスについてご説明しますね。

  1. 精神的ストレス
    これは皆さんが実感しやすいものです。人間関係などで「嫌だな~」と思うことがこの精神的ストレスに入ります。
  2. 構造的ストレス
    主に身体のゆがみを指します。身体のゆがみは情報として脳に伝わり脳はストレスを感じます。
  3. 化学的ストレス
    ある栄養素が過剰、不足であってもその情報が脳に伝わりストレスとなります。また、自律神経を乱す食べ物もあります。
  4. 環境的ストレス
    温度や湿度などもストレスになります。また、気圧の変化もストレスになるので、天気が悪いときに調子が悪くなるのもこれが原因です。

自律神経にはこの4つのストレスが関係しています。精神的なストレスがなくても調子が悪かったり、栄養睡眠に気をつけていても調子が悪かったりするのは、他のストレスが関係しているからなのですね。

自律神経が乱れると「うつ」になるの?

「うつは心が弱いからなる」なんて間違った情報です。上記の4つのストレスが掛かりすぎると誰でも自律神経が乱れ、それが心を伴う症状に移行します。

健康(気軽に頑張れる)

自律神経失調症(頑張ればできる)

うつ状態(やる気を絞って何とかやる)

うつ病(頑張る気もおこらない)

心が弱いからなるのではありません。誰でもなる可能性があるので早めに正しいケアをすることが大切なのです。今、ご自分はどの状態が当てはまりますか?